千葉県のドローン撮影について

ドローンは数年前から海外では有名でしたが、国内ではそれほどでもありませんでした。
ですが、ある事件をきっかけに違った形で日本国内でも有名になりましたね。

ご存知の方は非常に多いと思いますが、首相官邸に落ちた事で一躍ドローンという言葉が有名になったのです。

ラジコンを所有している方の間では以前よりドローンは有名でしたが、ドローンに全く興味がなかった方もこれがきっかけで知ることになったのです。
この事件が起きる前までは趣味程度で遊ぶ分には特に支障がなかったと思いますが、2015年の航空法改正により一段とドローンに対して厳しくなってしまいました。
仕事や趣味でドローンを活用している方は多いですが、何も考えずに飛ばしてしまうと罰金、逮捕なんて事にもなってしまいますので十分に注意が必要です。

千葉県で初めてドローン飛行をこれからする方は必見です!

ドローンの飛行自体が初めての方は右も左もわからずにすぐに飛行させることを考えると思いますが、正直それはマズイです。
記事を書いている私も購入してからは何も考えずに飛行させる予定でしたが、注文しても2ヶ月待たされた事で色々な情報が頭に入りました。
使うドローンが200g未満であれば今回の内容とは別件になりますのでとりあえずスルーして頂いて結構ですが、200g以上のドローン(Mavic Pro、Phantomシリーズ、Inspireシリーズなど)を使われる方は必見です。
200g以上のドローンには法律(航空法など)の問題が関わってきますので、何もわからずに飛ばしてしまうと罰せられてしまう事がありますので注意してください。
今回の記事は千葉県でドローンを飛行させる方向けに書いておりますが、千葉県以外でドローンを使われる方にも当てはまる部分は多くなっておりますので参考にしてください。

 

千葉県のDID地区(人口集中地区)について

東京都の場合はほとんどの地域で申請をしない限り飛ばす事ができず、23区はほぼ全滅、町田、多摩、八王子方面に行かない限り飛ばすことはできません。
当社のある千葉県の場合は、内房エリア(東京湾側)幕張、浦安、習志野、船橋、千葉、市原、袖ヶ浦、木更津あたりも一部の地域を除いては申請なしでドローンを飛ばす事ができません。
このエリアをDID地区(人口集中地区)と呼んでおりますが、その名の通り人が多い地域ですが、このDID地区でドローンを飛ばしたい場合は国土交通省に申請をし許可をもらう必要があります。
当社のある八千代市も一部DID地区になっておりますが、国土交通省に申請をし許可を頂いております。

ドローン許可証

申請方法は色々とありますが、お金をかけずに許可を撮る場合は自分で申請をした方が良いです。
国土交通省に何度も相談をした事がありますが、担当の方が親切に教えてくれました。
以前はなかなか電話が繋がりませんでしたが、新しく窓口ができたようで結構すぐに繋がりました。
自分で申請ができない場合は行政書士に相談をすれば有料で代行してくれるところも今は結構ありますね。

ドローンを飛ばす上で千葉県には成田空港の問題もあります。

千葉県には日本を代表する「成田空港」がありますが、ドローンを飛ばす上で注意しなければいけない事があります。
飛行機はドローンと違い、真上に上がって、真下には降りてこないと思いますが、この事が非常に重要になってくるのです。
飛行機の安全を確保する上で一定の空域に障害物(ドローンなど)があってはいけないのです。

成田空港とドローンの関係に色々と疑問があったので直接成田空港に問い合わせをし、回答いただきましたので参考にしてください。

 

国土地理院のマップで緑色の円があるが、この中でドローンを飛ばす事ができるのか?

答えはOKです!
本当?と一瞬思ってしまいましたが、色々と話を伺う事ができ納得しました。
成田空港のホームページを見ると進入表面、外側水平表面、延長進入表面など専門用語が色々とありましたが、この事に関しては聞いた方が早かったですね。
逆に直接聞かなかったら千葉県でドローンを飛ばせる地域がだいぶ狭くなってしまったのかなと感じた位でした。

 

成田空港 ドローン

 

千葉県でドローンを飛ばす際にそこがDID地区なのか調べるには国土地理院、DJIフライトマップを利用する方は非常に多いと思いますが、上記の画像は国土地理院のマップを横から見たものをわかりやすくする為に描いてみました。
成田空港の方に聞いた話をまとめると空港に近くなるにつれ高さ制限があるという事です。
画像のように国土地理院のマップで緑色の部分全ての場所でドローンを飛ばす事ができないわけではないそうです。
ドローンは基本的には150m以下の飛行になりますが、外側水平表面にギリギリ重なっている程度であればある程度の高度で飛行させる事ができますね!

成田空港近くでドローンを飛ばせるか確認する方法

上記のリンク先よりドローンを飛ばす住所を入力すれば、高さ何mまで飛ばす事ができるかを簡単に調べる事ができます。
当社でも微妙に感じるエリアでは確認のために利用させていただきますが、非常にわかりやすいために不安な方にはオススメです。

一番外側になる外側水平表面だけ見ても八千代市、千葉市、東金市、九十九里エリア、茨城県まで入っている事がわかりますね。
DJIフライトマップだけを頼りにすると東金市や、九十九里など全く問題なくドローンを飛ばす事ができると勘違いしてしまう為に注意が必要ですね。
余談ですが、成田空港の方にDJIフライトマップと国土地理院を比較した場合、どちらを参考にしたら良いか質問したら、国土地理院でした!

千葉県でドローンを飛行させる方で成田市までは結構距離があるから大丈夫!と思っても、意外にその場所はアウトかもしれませんで上記の内容を参考にして頂ければと思います。

千葉県にある自衛隊周辺のドローン飛行について

千葉県には色々な地域に自衛隊があり、習志野、鎌ヶ谷、柏、木更津、館山などにありますが、それらの周辺でもドローンの飛行は禁止されています。
木更津、館山以外は東京よりの為にそもそもDID地区になっている可能性が高いですが、木更津、館山の自衛隊周辺も一部飛行禁止になっておりますね。
木更津の自衛隊すぐそばにある中の島大橋は別名赤い橋とも呼ばれドラマ「木更津キャッツアイ」のロケ地として非常に有名ですが、この場所でドローンを飛行させる場合は許可が必要になります。
もし飛行させたい場合は国土交通省や公園管理者などに申請をする必要がありますね。

千葉県のドローン撮影・空撮 まとめ

千葉県はベイエリアを中心にドローンを許可なく飛行させることはできません。
東京都と違い、ベイエリアを除けばドローンを飛ばす事ができる場所は多いですが、勝手に人の私有地上空を飛ばしたりはしないでくださいね。
道路での離発着はもちろんダメですし、もし公園などで飛行させたい場合は公園を管理しているところに申請をしてください。
ドローンは本体、送信機、スマホやiPadがあれば誰でも簡単に飛行させる事はできますが、ドローンで撮影をするよりも申請関係の方がだいぶ大変ですね。

PAGE TOP